外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」

福岡で暮らす外国人学生を講師として招き、ふるさとの歴史や文化、ご自身の経歴などを日本語で語っていただく講演会を開催します。ぜひご参加ください。

第184回講演会 トンガ王国・トンガタプ島

<開催日程> 令和5年1月19日(木曜日)18時30分~19時30分

今回の語り手は、トンガ王国・トンガタプ島出身のカロライン カタさんです。
講演・質疑応答ともに、英語で開催します。通訳はありませんが、わかりやすい英語で、写真を多用して実施します。

聴講者は、定員33名で事前予約が必要です。申込受付開始は令和5年1月4日(水)からです。

※今後の新型コロナウィルス感染拡大の状況によっては、開催中止となる可能性がありますことをご了解ください。

講師:カロライン カタさん

 

ふるさとの街と福岡チラシ トンガ王国

講演会の様子

令和4年11月17日

アメリカ合衆国・オクラホマ州

1/17(木)に開催した、第183回「外国人学生が語るふるさとの街と福岡」では、ザカリ― アラニさんがふるさとの街・オクラホマ州の先史時代から現在までの歴史・文化を紹介しました。オクラホマの人々は広大な土地に散らばるように住んでおり、主な移動手段は車ですが、2018年にオクラホマシティ都市部に開通した路面電車はとても人気だそうです。また、オクラホマの人たちはスポーツが大好きで、毎年恒例のオクラホマ大学対テキサス大学のアメリカンフットボールの試合を心待ちにしているそうです。

ザカリ―さんは修士課程で、視覚に障害がある人のためのゲームについて研究されています。今後の更なるご活躍をお祈りしています。

 

バックナンバーはこちら

講演会の基本情報

開催日

隔月第3木曜日

場所

福岡市国際会館4階 第1会議室 Access

対象

どなたでもご参加いただけますが、聴講者は定員33名で事前予約が必要です。
なお、参加者は、新型コロナ感染防止対策として、講演当日は、自宅で検温いただき異常がないことを確認して、マスク着用で参加をお願いします。

参加費

一般の方: 500円(当日、受付でお支払ください。)
外国人学生: 無料

申込方法

開催月に電子メール、電話、FAXにより事務局へお申し込みください。

 

福岡外国人学生支援の会 〜あったか福岡〜 事務局

〒812-0025
福岡市博多区店屋町4-1 福岡市国際会館 (公財)福岡よかトピア国際交流財団内
TEL: 092-262-1744
時間: 9:00-18:00