• on February 08 2024

    【開催報告】外国につながる子どもの日本語学習支援研修会


    2024年2月4日(日)に、「外国につながる子どもの日本語学習支援研修会~届け!子どもの日本語教育~」を開催しました。外国につながる子どもの現状や課題、福岡市での支援の状況をご理解いただき、増加している外国につながる子どもたちに支援が「届く」よう、参加者の方々にそれぞれの立場でできることをお考えいただく機会にしていただきたいと開催したこの研修には、地域日本語教室ボランティアや日本語教師、学校教員、大学生、行政関係者等、約50名の参加がありました。

    研修会の前半は、「外国につながる子どもの現状と課題」をテーマに、NPO法人青少年自立援助センター定住外国人支援事業部事業責任者の田中宝紀様にご講演いただきました。後半は「福岡市における外国につながる子どもへの日本語支援」をテーマに、福岡市の地域日本語教育の取組みや市立小・中学校での日本語支援について、説明や現場の状況のお話があった後、多文化共生の推進を目標にしている西南学院大学外国語学部山田ゼミの学生が研究成果の発表をしました。発表内容は「学習者に届く日本語教室広報について」でした。

    参加者からは、「何か自分にできることはないだろうかと講演を聞きに来たので勉強になった」「胸が痛くなるような話もあったが、自分にできることについてよりしっかりと考え、向き合う機会になった」「色々な関係者と繋がることが必要だと理解した」といった感想がありました。

    講師、発表者の皆様、ご参加くださった皆様、ありがとうございました。当財団では今後も外国につながる子どもの支援事業に取り組んでいきます。