• on November 24 2022

    第183回外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」を開催しました


    アメリカ合衆国・オクラホマ州

    11/17(木)に開催した、第183回「外国人学生が語るふるさとの街と福岡」では、ザカリ― アラニさんがふるさとの街・オクラホマ州の先史時代から現在までの歴史・文化を紹介しました。オクラホマの人々は広大な土地に散らばるように住んでおり、主な移動手段は車ですが、2018年にオクラホマシティ都市部に開通した路面電車はとても人気だそうです。また、オクラホマの人たちはスポーツが大好きで、毎年恒例のオクラホマ大学対テキサス大学のアメリカンフットボールの試合を心待ちにしているそうです。

    ザカリ―さんは修士課程で、視覚に障害がある人のためのゲームについて研究されています。今後の更なるご活躍をお祈りしています。

    講演会について

    福岡で暮らす外国人学生を講師として招き、ふるさとの歴史や文化、ご自身の経歴などを日本語で語っていただく講演会を開催します。
    次回は1月19日(木)に開催予定です。

    詳しい情報はこちら