日本語ボランティア スキルアップ研修

令和3年度スキルアップ研修(終了しました)

助詞の「は」と「が」はどう違うの?「と/ば/たら/なら」はどう使い分けるの?

学習者に聞かれて答えに困ってしまったことはありませんか?今年度は「文法」のちょっとした困りごとや「発音」の教え方をテーマに研修を行います。講師と一緒に日ごろのちょっとした疑問や悩みを解消しましょう!

対象者

福岡都市圏で活動している日本語ボランティア(経験年数概ね5年以内

日時

令和4年3月16日(水)19:00~20:30

開催方法

オンライン(Zoom)

※福岡市国際会館(博多区店屋町4-1)4階会議室にて最大15名まで会場視聴可
※講師はオンラインで講義を行うため、会場にはおりません。

受講料

無料

定員

オンライン・会場視聴 計30名 (お申込み受付後、受講の可否については、3月7日(月)以降に順次担当者からメールにてご連絡します。

講師

吹原 豊 氏(福岡女子大学国際文理学部 教授)

申込方法

下記申込専用フォームに必要事項を記入し、送信して下さい。

ダウンロード

R3スキルアップ研修チラシ

申込締切日

令和4年3月4日(金)

※受講の可否については、3月7日(月)以降に順次担当者からメールにてご連絡します。

主催・問い合わせ

公益財団法人福岡よかトピア国際交流財団

問い合わせ先:TEL 092-262-1724 または nihongo@fcif.or.jp

注意事項

研修レポート

「すぐに使える 文法や発音の困りごとを解決しよう」をテーマに、福岡女子大学 国際文理学部 吹原豊教授に講義を行っていただき、当日は25名の方にご参加いただきました。

講義では、助詞の「は」と「が」の使い分け、条件を表す「と/ば/たら/なら」の使い分けや微妙なニュアンスのちがい等について、たくさんの具体例をあげて説明していただいたほか、発音の特徴や教え方、学習に役立つ音声指導アプリをご紹介いただきました。

研修後のアンケートでは、多くの受講生の方から、「具体例が明確で分かりやすく、とても役に立った」と感想が寄せられました。