• on July 24 2019

    オランダ学生が語る「ふるさとの街と福岡」を9月19日に開催します。


    外国人学生への理解と支援の輪を広げることを目的に、福岡で学ぶ外国人留学生を講師として招き、ふるさとの歴史や文化、ご自身の経歴などを日本語で語っていただく講演会を開催しています。ぜひご参加ください。 

    講師

    フェリクス・アナ・シモーネさん

    オランダ・ロッテルダム育ち フェリクス・アナ・シモーネさん(九州大学)

    講師の紹介

    今回の語り手は、オランダのロッテルダム育ちのフェリックス・アナ・シモーネさん。

    オランダ王国は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制の国家です。東はドイツ、南はベルギーと国境を接し、北と西は北海に面しています。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれています。オランダは、ライン川下流の低湿地帯に位置し、国土の多くをポルダーと呼ばれる干拓地が占め、国土の1/4は海面下に位置しており、面積は、41,864㎢(日本の約11%)、人口は、約1,730万人です。公用語は、オランダ語、フリースランド州ではフリジア語が認められています。

    ロッテルダムは、オランダの南ホランド州にある世界屈指の港湾都市で人口規模ではアムステルダムに次ぐ第2の都市です。戦後の復興事業で、高層ビルが立ち並ぶ近代的な街となり、古い街並みが続く欧州の他の都市とは趣が異なっています。イギリスのガイドブック「ラフガイド」で「世界で訪れたい最高の街」の一つに選ばれるほど魅力的な街です。

    語り手は、現在、九州大学の地球社会総合府で勉強されており、日本に興味を持ったきっかけは、中学生時代に日本の音楽を聴き関心をもったことだそうです。九州大学では体操部に入部されており、休日は、日本の映画やドラマを観て過ごしているそうです。

    聴講ご希望の方は事務局までご連絡ください。 

    ロッテルダム

    9月19日(木曜日)18時30分~20時00分

    場所

    福岡市国際会館4階大会議室 Access

    対象

    どなたでもご参加いただけます。

    参加費

    一般の方: 500円(当日、受付でお支払ください。)

    外国人学生: 無料

    申込方法

    できるだけ、事前に電子メール、電話、FAX等で事務局へお申し込みください。

    当日のご参加も可能です。

    9月19日開催「ふるさとの街と福岡」チラシ

     

    これまでの講演会の様子

    外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」