• on April 08 2019

    G20福岡開催記念④オーストラリア学生が語る「ふるさとの街と福岡」を4月18日に開催します。


    外国人学生への理解と支援の輪を広げることを目的に、福岡で学ぶ外国人留学生を講師として招き、ふるさとの歴史や文化、ご自身の経歴などを日本語で語っていただく講演会を開催しています。
    2019年6月8日、9日に開催される「G20福岡 財務大臣・中央銀行総裁会議」を記念して、2019年1月から、G20福岡・参加国出身の留学生による「ふるさとの街と福岡」を開催しています。全6回のシリーズ企画です。G20福岡に関連して、各国の基本的な生活費や物価の紹介もします。
    ぜひご参加ください。

     

    講師

    台湾生まれオーストラリア・ブリスベン育ちのリー・インインさん(九州大学)

    講師の紹介

    ブリスベン は、オーストラリア東部に位置するクイーンズランド州の州都。緯度は赤道を挟んで沖縄と同じで、一年を通して晴天の日が多く、温暖な気候のため「サンシャイン・キャピタル」(太陽の都)とも呼ばれています。19世紀初頭に流人の街として建設されたのが始まりですが、今は人口240万人(2018年)を超え、シドニー、メルボルンに次いでオーストラリア第三の都市にまで発展を遂げました。海外からの移民も多く、多彩な文化が混在しています。市内には、オーストラリア最大の美術館や科学センターなど文化施設が多数あります。郊外にある「ローンパイン・コアラ・サンクチュアリー」では、130頭以上のコアラが飼育され、世界最古で最大のコアラ保護区として知られています。

    リー・インインさんは、日本のテレビ番組を見て、いつか日本に留学したいと夢を抱いていました。オーストラリアの大学で日本語を専攻していたところ、交換留学の機会に恵まれ、昨年の9月に来日。現在は九州大学で日本語と日本文化について勉強しています。

    聴講ご希望の方は事務局までご連絡ください。 

    4月18日(木曜日)18時30分~20時00分

    場所

    福岡市国際会館4階大会議室 Access

    対象

    どなたでもご参加いただけます。

    参加費

    一般の方: 500円(当日、受付でお支払ください。)

    外国人学生: 無料

    申込方法

    できるだけ、事前に電子メール、電話、FAX等で事務局へお申し込みください。

    当日のご参加も可能です。

    4月18日開催「ふるさとの街と福岡」チラシ

    これまでの講演会の様子

    外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」